山賊庵便り              Since 30th Oct 2008
                                    2024年 6月16日 更新 
http://sanzokuan.jp/でご覧くださいませ。  New 最近X(旧ツイッター)でも呟いています。どうぞご覧の程。New


立山の天気 続・立山夜なべ話  2018/ 9/16 更新 立山山頂カメラ
雲表3003mからのライブカメラ
2024山賊庵絵日記(夏)・・・2024/ 6/16 更新
 久々に涼しい、小雨の降った朝だ。僅かな雨だが不動山も洗われ緑が際立っている。
 昨日は夏日で、親爺でさえ半ぞで1枚で過ごした。
 午後になって孫が来た。いきなり親爺の膝に座り込み甘えて来る。孫の大サービスにジジはもう大喜びした。プールの後で疲れていたようだが、段々元気を取り戻し、ジジと魚釣りゲームをしたり、お八つはババの特製塩昆布おにぎりをペロリ。元気である。
 孫のいる家は本当に賑やかである。そして明るく楽しくなる。
 やはり孫は宝也としみじみ思う。
山賊庵写真部屋 ・・・2024/06/16 更新
 2024山賊案の食卓(夏)・・・2024/06/16 更新
写真展示室
未完成公開中
立山夜なべ話
心平の真砂沢ロッジ 電話:090-7783-8067
FAX:050-3153-3534
 ツイッターにHPを開設しています。こちらもどうぞご覧ください。
 親爺のずぼら料理帳 ・・・2014/8/24  更新 

・・・2024/ 5/30 更新
・・・2024/05/30 更新
2024山賊案絵日記(冬)…2024/ 3/31 更新
2024山賊案の食卓(冬)…2024/03/31 更新
2023山賊庵絵日記(秋/暮)2023/12/31 更新
2023山賊庵の食卓(秋)・・・2023/12/31 更新
・・・2023/ 8/31 更新

2023山賊庵の食卓(夏)・・・2023/08/30 更新 
2023山賊庵絵日記(春) ・・・2023/ 5/31 更新
2023山賊案の食卓(春)・・・2023/05/31 更新
2023山賊庵絵日記(冬)・・・2023/ 3/31 最終更新
2023山賊庵の食卓・・・2023/03/31 更新
2022山賊庵絵日記(秋・暮)・・・2022/12/31 最終更新
2022山賊庵の食卓(秋)・・・2022/12/31 最終更新 
2022山賊庵の食卓(夏)・・・2022/08/31 最終更新
2022山賊庵絵日記(夏)・・・2022/ 8/31最終更新
2022山賊庵絵日記(春)・・・2022/ 5/31  最終更新
2022山賊庵の食卓・・・2022/05/31 最終更新
2022山賊庵絵日記(冬) ・・・2022/ 3/31 最終更新
2022山賊庵の食卓(冬)・・・2022/03/31 最終更新
  
 「親爺のずぼら絵日記」等、全バックナンバーはこちらへ移動しました。crick here

剱岳の夜明け動画こちらに掲載しました。  暮行く剱岳動画こちらです。  雲流れる大日の夕景動画。


Crick here
「立山夜なべ話」が本になりました。
 お近くの書店や、AmazonBookWeb楽天ブックス ,7ネットショッピング
等のWeb上でも販売されています。 
 どうぞ親爺の炉端談義、本でご覧下さいますようお願い申し上げます。
 剱御前小舎誕生秘話(昭和5年に剱御前小舎は建てられた)
 
今を去ること81年前、昭和5年1月、剱沢で雪崩による悲惨な事故が起こった。
 「積雪期の剱岳の登山基地としての山小屋が要る。」芦峅寺の立山ガイ
ド達は遭難救助に出動し、崩壊した剱沢小屋を
目の当たりにして痛切にそれを思った・・・・・。

 
当時の新聞記事発見!!今新たに蘇る剱御前小舎誕生に関わる秘話。 
第一次南極観測船「宗谷」模型を作るぞ!!

超合金の宗谷が我が家にやってきた ・・・2013/2/9最終更新

TBS日曜劇場「南極大陸」の宗谷はおかしいぞ!・・・・・平成23年10月18日
親爺の白頭山訪問記をアップいたしました。PDFファイルのみですが、どうぞこちらから!!
            立山温泉に関する98年前の新聞記事「立山温泉遊記」をPDFファイル化しました。
  雄山、大汝、富士の折立の一連の峰だけをさして立山と呼ぶのは間違いです!
 立山とは北は剱から南は薬師までの山々と、更に大意では黒部の谷筋も含めた山域の総称です。
 確かに屋根型にスーッと伸びる雄山から大汝、富士の折立の降下点までの山並みを立山というとは、勘違いしやすいのですが、古くから立山に
ついては上記のように言われておりますので、ここに訂正しておきます。「立山信仰の源流と変遷」という先々代雄山神社宮司佐伯幸長師の著書
をご参考まで。・・・・・2021/04/29 親爺拝
  
inserted by FC2 system