山賊庵便り              Since 30th Oct 2008
                                    2024年 5月20日 更新 
http://sanzokuan.jp/でご覧くださいませ。  New 最近X(旧ツイッター)でも呟いています。どうぞご覧の程。New


立山の天気 続・立山夜なべ話  2018/ 9/16 更新 立山山頂カメラ
雲表3003mからのライブカメラ
・・・2024/ 5/20 更新
 今日の山里はすっぽりとガスに覆われている。早朝はまだ、立山こそ見えぬが辺りの山はほぼ見えていた。川向の山にはガスがかかり始めていてそれが今は我が山里も覆っているのだ。
 実に薄暗く鬱陶しい日だが、庭の垣根のバラが花を開いていた。オカカが花のつぼみはいくつもあると云っていたが咲き始めると早い。間も無く垣根はバラの花盛りになるだろう。
 昨日の夕刻から、古い飛ばぬ京商ミニューム零戦の改造に取り掛かった。とは言えまだばらし始めたばかりで、でもいくつかトラブルの元を発見。ペラを回すギアボックスに塗料がかかり、かみ合わせを妨げている。製造工程でのミスだ。模型大手京商、人気が無くなるはずだ・・・。
山賊庵写真部屋 ・・・2024/05/20 更新
 ・・・2024/05/20 更新
写真展示室
未完成公開中
立山夜なべ話
心平の真砂沢ロッジ 電話:090-7783-8067
FAX:050-3153-3534
 ツイッターにHPを開設しています。こちらもどうぞご覧ください。
 親爺のずぼら料理帳 ・・・2014/8/24  更新 

2024山賊案絵日記(冬)…2024/ 3/31 更新
2024山賊案の食卓(冬)…2024/03/31 更新
2023山賊庵絵日記(秋/暮)2023/12/31 更新
2023山賊庵の食卓(秋)・・・2023/12/31 更新
・・・2023/ 8/31 更新

2023山賊庵の食卓(夏)・・・2023/08/30 更新 
2023山賊庵絵日記(春) ・・・2023/ 5/31 更新
2023山賊案の食卓(春)・・・2023/05/31 更新
2023山賊庵絵日記(冬)・・・2023/ 3/31 最終更新
2023山賊庵の食卓・・・2023/03/31 更新
2022山賊庵絵日記(秋・暮)・・・2022/12/31 最終更新
2022山賊庵の食卓(秋)・・・2022/12/31 最終更新 
2022山賊庵の食卓(夏)・・・2022/08/31 最終更新
2022山賊庵絵日記(夏)・・・2022/ 8/31最終更新
2022山賊庵絵日記(春)・・・2022/ 5/31  最終更新
2022山賊庵の食卓・・・2022/05/31 最終更新
2022山賊庵絵日記(冬) ・・・2022/ 3/31 最終更新
2022山賊庵の食卓(冬)・・・2022/03/31 最終更新
  
 「親爺のずぼら絵日記」等、全バックナンバーはこちらへ移動しました。crick here

剱岳の夜明け動画こちらに掲載しました。  暮行く剱岳動画こちらです。  雲流れる大日の夕景動画。


Crick here
「立山夜なべ話」が本になりました。
 お近くの書店や、AmazonBookWeb楽天ブックス ,7ネットショッピング
等のWeb上でも販売されています。 
 どうぞ親爺の炉端談義、本でご覧下さいますようお願い申し上げます。
 剱御前小舎誕生秘話(昭和5年に剱御前小舎は建てられた)
 
今を去ること81年前、昭和5年1月、剱沢で雪崩による悲惨な事故が起こった。
 「積雪期の剱岳の登山基地としての山小屋が要る。」芦峅寺の立山ガイ
ド達は遭難救助に出動し、崩壊した剱沢小屋を
目の当たりにして痛切にそれを思った・・・・・。

 
当時の新聞記事発見!!今新たに蘇る剱御前小舎誕生に関わる秘話。 
第一次南極観測船「宗谷」模型を作るぞ!!

超合金の宗谷が我が家にやってきた ・・・2013/2/9最終更新

TBS日曜劇場「南極大陸」の宗谷はおかしいぞ!・・・・・平成23年10月18日
親爺の白頭山訪問記をアップいたしました。PDFファイルのみですが、どうぞこちらから!!
            立山温泉に関する98年前の新聞記事「立山温泉遊記」をPDFファイル化しました。
  雄山、大汝、富士の折立の一連の峰だけをさして立山と呼ぶとは間違いです!
 立山とは北は剱から南は薬師までの山々と、更に大意では黒部の谷筋も含めた山域の総称です。
 確かに屋根型にスーッと伸びる雄山から大汝、富士の折立の降下点までの山並みを立山というとは、勘違いしやすいのですが、古くから立山に
ついては上記のように言われておりますので、ここに訂正しておきます。「立山信仰の源流と変遷」という先々代雄山神社宮司佐伯幸長師の著書
をご参考まで。・・・・・2021/04/29 親爺拝
  
inserted by FC2 system