2017山里から立山から(秋)   長月朔日に着き項を改めました。



10/17
 雪衣を着た剱岳。


10/16
 今日は不動の山もガスに包まれ、山水画の様だ。


10/15
 今シーズンは行けるだろうか?去年の紅葉の有峰。


10/14
 人は変わっても山は変わらない。剱が静かにそびえる。



10/12
 一昨年の今日の剱岳。もうこの日には薄く積雪があった年だ。


10/10
 一昨々年の今日。小屋の屋根から大日、雷鳥沢を見る。


10/8
 去年の今日の雷鳥沢。


10/5
 朔日午前中の剱と別山尾根。国見HP付近から。


10/4
 ガスが上がって行く。


10/3
 一昨年の今日。剱岳。


 剱御前小舎裏山にあるヘリポート付近。


10/1
 今から7年前の今日、剱御前小舎前からの剱岳。


9/30
 秋の雄山主稜線。


9/29
 千葉県のTさんが送ってくれた写真だが、涸沢の秋2枚を掲載。




9/28
 昨日の雷鳥沢。紅葉酣である。


9/27
 2014年の今日の立山。紅葉酣の雷鳥沢と雄山
 


9/25
 初孫の生まれた朝、トモちゃんが、剱御前小舎から見るご来光を撮ってくれた。
 この時期、日は別山北尾根の肩から昇る。


9/24
 雷鳥沢錦秋


9/22
 浄土川を渡り、新室堂乗越(大日方面)へ向かうルートの、雷鳥沢最下部は木道が敷設されている。


9/21
 国見HPから大谷方面を望む。


9/20
 雷鳥沢、新室堂乗越付近。間もなく紅葉の盛りとなる。


9/19
 剱御前小舎から黎明の剱。数年前のこの時期の写真だ。


9/14
 唐沢岳は、立山連峰からは黒部峡谷を越え、更にその向こうに高瀬川を越えたところに聳える。
 その山頂から見た、剱岳の雄姿を休暇中の山歩きに出かけたトモちゃんが撮って、送ってくれた。
 親爺はこの山域は詳しくないが、今から46年前に、営林署のアルバイトで水晶、野口五郎、三ツ峠、烏帽子と
うろついていた時に、その山を誰かに教えてもらったのだったか、仲間と地図でも見ながらチェックしたのだった
ろうか、高瀬川の向こう側の唐沢岳と云う名を、かすかに記憶していた。
 で、トモちゃんから唐沢岳からの剱、と云うメールが届いた時に早速国土地理院の地図に当たりを付け、位置
を確認することが出来た。唐沢岳からこんなにきれいに剱が見えるとは知らなんだ.・・・・・。


9/13
 秋の空が清々しい。剱が雪に覆われるまで、ほぼ一月も無いだろう。


9/11
 別山の山すそが剱沢へと落ち込み、その山肌はもうすっかり秋色である。


9/10
 かなり秋色になって来た立山。


9/5
 朝日を受ける晴天化の剱岳。剱御前小舎から望む。


9/2
 秋晴れの、立山雄山神社峯本社。標高3003m、太刀山と万葉人に歌われた越の国の神々の座の主峰雄山に在る。


9/1
 いよいよ秋となり、景色も比一日と変わりゆく。一昨年9月朔日の剱。

inserted by FC2 system