2019山里から立山から(春)    新年度を迎え項を改めました。   2019/04/01親爺拝


4/24
 夕日の中に冬羽の姿が愛らしい雷鳥(雌)。


4/23
 トモちゃんが昨日、剱沢小屋辺りまで滑って来たそうだ。流石の山女である。素晴らしい剱だ。


4/22
 剱岳である。


4/20
 芦峅寺の山里。


4/19
 親爺のドローン写真はワンパターン。でもこの高度からの絵はなかなか撮れない。ただ画質が・・・・・


 桜に接近して一枚。周りが電線だらけなので、余り近づけない。


4/18
 山小屋の生命線たる、生鮮食料や資機材、合計500kgほどの荷が小屋へ向かった。


4/17
 アルペンルートがオープンしたが、大日にもそろそろ人跡がつくだろう。


4/16
 今朝の大日岳。咲き始めた山里の桜の彼方に神々しく聳える。


4/15
 大日はちょっと顔を出しただけ。


4/14
 空との境を太刀の刃紋のようにくっきりと或いはぼうと区切る峰々親爺には横たえた太刀の様に見える。




4/13
 今朝の雄山主稜線。村の下外れから見上げる。


4/11
 村はずれの桜の木も、漸く蕾を膨らませ始めた。川向かいのスキー場の上部には新雪が積もった朝だ。


4/10
 とにかく寒い雨の朝。雪にはならぬだろうが、気温は一日横ばいの様だ。


4/9
 昨日の閻魔堂での花祭りの様子。灌仏会と云うのだそうな。


4/7
 ややうらぶれた開園直後のカモシカ園。


4/6
 外は暑く、雪面からは水蒸気が上がり、アイがかかった状態となる。鍬崎もぼんやりと見えている。


4/5
 昨日の富山平野からの立山は圧倒的な眺めだったそうだ。長女撮影。


4/4
 今朝の山里はまだ肌寒い。3月末にフキノトウ摘みをしたのが嘘の様だ。


4/3
 近所の大イチョウは雪の花を咲かせたが、隣の桃の老木はせっかく花を咲かせたのに、その上に雪が降り積もってしまった。


4/2
 昨日午後から降り始めた雪が、こんな雪景色を見るまでに積もった。今朝の立山方面は何も見えぬ。4月の雪である。


 常願寺川も4月の雪に覆われている。


 親爺も薄手のダウンを着込んで、雪の生でドローンを操る。


4/1
 明るい青空の下に、新雪を纏いなおした立山を望む山里の朝だ。新年度の幕開けの朝に相応しい。

inserted by FC2 system