2020山賊庵の食卓(冬)      令和二年元旦となり項を改めました。

                                                          3月31日最終更新です。


3/31
 牛肉と玉ネギの煮つけは牛丼風な味付けが一番うまい。本当はシラタキも入れればもっといいがこれでも十分うまい。
        

 ホタルイカの沖漬け風。茹でた烏賊で作るから安心。    野菜とキノコのマヨ炒めも美味しい。
 


3/30
 一昨日の夕餉は、長女のリクエスト。オカカ手製の散らし寿司に、なんの脈絡もないジャーマンポテト・・・・・。
        

 でもこのキタカムイを使うと本当に美味いジャーマンポテトになる。高野豆腐は孫が大好物。全部オカカの調理で親父出る幕無し。
 


3/28
 親爺は暇な時間が出来ると、衝動的に手のかかる料理に挑戦し、時をつぶす。昔からの癖の様なものだ。
 で、昨日は白焼きのうなぎを使い、うなぎの佃煮を作った。大振りのうなぎの白焼き専門店「まるご」さんが
閉店してずいぶん経つが、その買い置き冷凍の最後だ。うまくできて美味しい。
        


3/27
 白焼きのうなぎをフライパンでかば焼きに仕立て、うな丼とした。これは又本式のかば焼きとは違う味がある。
 美味かった!
        


3/26
 ポークカレーを作ったが少し癖のある肉だった様で、見かけは何ともないが、火を入れると獣臭が幾分する。
 それでもカレーだしと思って、ヨーグルトも混ぜ仕上げたが、親爺は平気だったが、オカカは苦手との事。
 折角の美味いカレーなので、タッパーに入れ冷凍した。肉も気を付けぬとこんなこともある。猪の肉に近い。
        


3/25
 昨夜は和食の夕餉だ。日本人の食卓だから当たり前なのだが、割と珍しい。筑前煮と、ブリの照り焼き。何れも美味い。
 


3/24
 孫が帰って少々疲れていたので、気軽な焼き食いで夕食にしたが、侮るなかれこれがまた美味い。
 山芋すりおろしをたっぷり混ぜた生地にはシーフードミックスも混ぜ込まれているし、ソース焼きそばは目玉焼き付きだ。
 庶民の味\(^o^)/デアル。
 


3/22
 昨夜は次女のリクエストのてんぷら。我家のてんぷらはオカカの独壇場、富山特産のかまぼこも天も美味しい。
 


3/21
 昨晩は次女のリクエストの海老とチキンのドリア。たっぷりの具材に少量のバターライスを混ぜ込み、チーズを
のっけて焼き上げた。美味しかった。
        


3/19
 オカカの散らし寿司は美味しい。魚が食べたかった次女も満足。 親爺がブリの照り焼き。見かけは悪いがこれも美味い。
 


3/18
 オカカにしては珍しく、かあり辛い麻婆豆腐だったが、親爺にも次女にも丁度良い辛みだった。我が家では
次女と親爺だけが辛いもの好き。タンドリーチキンもあったのだが、写真撮り忘れ。
        


3/17
 東京から来た次女のリクエストはみそおでん。まあ、昨夜も寒い日だったので朝から仕込み美味しく頂いた。次女が
好きなちくわぶがたっぷり入っている。
        


3/16
 富山湾のホタルイカが豊漁で、滑川産のホタルイカが大量に出回っている。生のホタルイカを仕入れて沖漬けでも作ると
美味いのだろうが、体内の寄生虫が怖そうなので、それは冷凍の生イカが(ホタルイカの寄生虫はマイナス30℃の冷凍4日
で死滅するそうだ。)手に入った時に譲り、ボイルしたホタルイカと菜の花のパスタにして頂いた。スナップエンドウとベーコン
を炒め、たまごで閉じた一皿はオカカの手作り。春めいた素材で両方とも美味しかった。
 


3/15
 親爺の作るカレーはインドカリーばかりだが、いわゆる洋食屋の洋風カレーも大好きなので、昨日は久々に頑張った。
 インドカレーではあまり用いない、ニンジンもしっかり入れ、ジャガイモも大振りに切っていれる。これだけで何となく
洋風カレーになるが、市販のルーは使わず、バターで小麦粉とカレー粉をじっくり炒めルーを作る。玉ネギは飴色以上
まで炒め、人参、ジャガイモ、鶏肉をそれに加え炒め、チキンスープ(チキンスープの素を利用)を加え2時間ほどストー
ブにかけて煮る。その煮汁を、炒めた小麦粉とカレー粉に加えルーを作る訳だ。で、鍋にルーを加える前に、ケチャップ
やらウスターソース、醤油、ママレードも使い味を調えて、そのあとルーを加え混ぜ、更にガラムマサラや、外の好みの
香辛料も適宜加え、最期は塩で味を決めて出来上がりだ。イモも人参も美味い美味い。
 オカカ好みで殆ど辛みは無いのだが、何とも言えぬ美味さだった。キタカムイと云うジャガイモがことに甘い。
        


3/14
 オカカが買って来たウニを使って、ちょっと贅沢な、ウニ・イクラ丼を作って頂いた。オカカ全快のお祝いである。
 もちろん美味かった。
        

 一寸変な取り合わせだが、親爺の好きなイカ焼きと、なめこと豆腐の吸い物も作って、久々に美味しい夕餉だった。
 


3/13
 オカカの胃腸風邪も完治。それでも昨晩は大事を取って、オカカの大好きなフォー風うどんを作った。手羽先を
数本コトコトとストーブの上で煮込み、ニンニク、生姜、レモングラス、バイマックルー、ネギなども放り込み、二三
時間煮て取ったスープに、ナンプラーと塩、僅かなみりん、レモン汁で味を調えうどん汁とする。柔らかめにゆでた
うどんにその汁をかけ、柔らかい手羽先をのせ、パクチーが苦手なので三つ葉を多めに乗せ頂く。
親爺は唐辛子を大量に振り込み、オカカはレモン汁を多めに振り込む。実に美味く、インスタントのフォーなどより
このうどんの方が、よほどうまいと思う。
        


3/12
 昨今の激辛ブームの走り?とでも言うべきブラックカシミールカリー。デリーと云う店でこれを完食するとノートに
名前を書き込んで、店内の壁一面に名前を張り出してくれた。昭和の懐かしい話だが・・・。
 昨日はレトルトのソースでこれを頂く。美味い。が、歳の所為か少し胃に持たれた。
        


3/11
 牛こまとこんにゃくの煮つけ。飯に載せれば牛丼風だし、そのままでも行ける。素うどんに載せれば肉うどんだ。
        


3/10
 豚足の醤油煮込みは、ラーメンスープを取った後の豚足を醤油に漬け込んで作る。柔らかく実離れも良いので
とても食べやすいが、オカカは見かけが悪いと絶対食べない。親爺の好物なのだが…。
        


3/9
 餃子でビールを一杯やって、もらい物の荒巻鮭を冷凍庫から出して、焼いていただいた。何れも美味かった。
 


3/7
 昨夜は親爺が食べたくて作った自家製ラーメン。自家製と云っても麺は市販品。でも半日係のスープ、しっかり
煮込んだ焼豚も美味しい。これでビールを飲んで腹いっぱい。美味しかった。
        


3/6
 ホタルイカは滑川産でふっくらと美味い。菜花も春の香りがし、甘くほろ苦く美味い。これで作るパスタは、春の
始まりを感じさせてくれる。とても美味かった。
        


3/4
 昨晩はひなの節句。娘が3人いた我家では、皆それぞれに独立し家を離れた今も親爺とオカカはこの日は
ちらし寿司とハマ吸いと決めている。ただし昨今はハマグリが高価でアサリで代用することが多くなった。
 長女次女はそれぞれの家庭で、ちらし寿司とハマ吸いを作ったそうだ。松本の末っ子もスーパーでちらし寿司
を買って来てあり付いたそうで、我が家の3人娘にも、桃の節句のちらし寿司とハマ吸いは受け継がれている。
        


3/3
 キタカムイと云うジャガイモと玉ネギを陶の耐熱皿に載せ、アルミホイルでくるんでストーブに載せておくだけで
素晴らしく美味いホイル焼きが出来る。バターを一匙乗せ、塩を振っておくことは忘れずに・・・・・。うまい。
        

 キノコと豚肉を醤油炒めにした。軽くガーリック味で。   小松菜のお浸し。ゆずを振り込んである。
 


3/2
 親爺特製のキーマカレー。ホールスパイスもそのまま入っているので、シナモンスティックが出て来た。でも美味い。
        


3/1
 久しぶりにお好み焼きと焼きそばの夕食。ホットプレートで焼き焼き食べる焼き食いメニューが大好きな親爺とオカカだ。
 


2/29
 ネットで拾ったイカ焼きを作りこれでビールを飲んで、ウナギのかば焼き少量を飯に、うなぎ茶漬けで飯を頂いた。美味かった。
 


2/28
 昨夜は雪が降る寒い晩だったので、焼き食いにした。牛カルビをアスパラやエリンギと焼き、熱々を好みの
調味料で頂いた。オカカはポン酢、親爺は甘辛い醤油タレに大量の唐辛子を振り込んで。
 焼き食いは一時寒さを忘れさせる。
        


2/27
 オムライスと豚肉の生姜焼き。何とも脈絡のないメニューだが、冷蔵庫整理をかねて。でも結構おいしく頂いた。
 


2/26
 市販の豚骨スープを買って来て、とんこつラーメンとちゃんぽんの中間の様な、ありあわせ野菜炒め乗っけ
豚骨ラーメンを作った。チャーシューは作り置きの親爺の手作り。これが美味かったのだが、ビールを飲みな
がらいただいたので、途中で満腹になって、スープは飲み切れなかった・・・。
        


2/25
 鶏ひき肉のそぼろ。小葱としょうが、ごまを入れて水気が無くなるまで煎り付けた。上等のふりかけのように
なった。味付けは醤油とみりんだけ。頗る美味い。
        

 菜花とスナップエンドウを湯がいて、マヨネーズで頂く。春らしい。 卵黄の醤油漬けも美味い。卵白は辛子明太と混ぜオムレツに。
 


2/23
 オカカのリクエストで親爺の作ったオムライスと、心平にもらったままかりの酢漬けで作ったキュウリの酢の物。美味しかった。
 


2/22
 みそおでんを煮た。具材は豚バラ肉、ゆで卵、焼き豆腐、こんにゃくにタケノコ。甘辛く、ストーブの上で半日煮込
む。もちろん美味しかったがとても二人では食べきれず、凡そ二片食分である。
        

 小皿にとって、辛子や七味を振って頂く。           筍の山椒煮も作った。これは長女の婿殿も好物だ。
 


2/21
 オカカの作ったクリームコロッケ風グラタン。貝柱に小エビ、しめじが入っていてとても美味かった。
        

 叔母にもらった里芋を煮た。無条件に美味かった。          スナップえんどうとブロッコリーのサラダ。
 


2/20
 久々のホイコーロー。キャベツも柔らかく美味しかった。    スーパーには菜花が沢山出ている。辛し和えで頂いた。美味い。
 


2/19
 舞茸としめじと鶏の細切れを飯に炊き込んで味付けをした。キノコ飯と云うか、鶏飯と云うか、兎に角おいしかった。
        

 岡大の山岳部OB会に出席した心平が、お土産に買って来てくれたままかりの酢漬けは、親爺の大好物。美味しく頂いた。有難う。
 


2/18
 豚ヒレカツとチキンカツを、冷蔵庫の片付けがてら。小松菜のお浸しには柚の香を纏わせて。何れも美味しい。
 


2/17
 昨夜の残りのアンガス牛のビーフシチューに、ピザという変な組み合わせ。残り物整理の夕餉だった・・・。
 


2/15
 朝食はこんな程度でも十分な親爺だ。バタートーストにベーコン炒り卵、後はバナナとヨーグルト、そしてコーヒー。
        


2/14
 親爺もオカカも、この博多風鶏鍋が好きだ。鶏肉にキャベツだけで、濃厚なスープで煮る。身を食べ尽くした後の
雑炊がまた楽しみで、最近は手抜きでスープにウエイパーなどを使うが、それでも美味い。
        


2/13
 ダルスープにポークを入れて煮込んだら美味しかった。      麻婆豆腐は親爺の好物良く作ってもらう。美味い。
 


2/12
 小エビのマヨネーズ炒めが美味しかった。              飯には鯵の刺身を乗っけて頂いた。
 


2/10
 寒い冬の夜のご馳走は熱々が一番。鍋焼きうどんをフーフー言いながらすすり、腹の中からホカホカと温まる
幸せ。これは美味い。
        


2/9
 寒いときにはとにかく暖かいものが一番だ。熱々のグラタンを正にフーフー言いながらいただく。美味い。
        


2/8
 極めてオーソドックスなオムライス。親爺が作った。オカカがケチャップライスが食べたいと云うので、中身は
昔ながらのチキンライス、ケチャップ味だ。結構な味で、美味しかった。
        


2/7
 舞茸しめじのバター醤油味スパゲッティー。簡単だけどうまい。スナップエンドウは茹でてマヨネーズをかけただけ。美味い。
 


2/6
 揚げ物に関する本を読んでいたら、とんかつ屋のカツ丼について、煮カツ丼と掛けカツ丼という二種類がある
と出ていた。前者は普通の卵とじに煮込んだカツ丼、後者は揚げたてのカツを飯に載せ、その上に卵丼の様な
カツ抜きの卵とじをかけた丼だ。成程、早速後者を試したてみた。これが衣サクサクで美味い。
        


2/5
 ちらし寿司もたまにはうまい。オカカが色々入れて作った。珍しい鱈の切り身が有ったので親爺がバターソテーにした。美味い。
 


2/4
 ビールのつまみ2点。鶏かわパリパリ焼きと、おでんのジャガイモ(残り物)辛子バター乗せ。美味い。
 


2/3
 柔らかく仕上がったスペアリブ。焼く前に湯通ししてからタレに漬け込んでおいた。 付け合せはジャガイモ玉ネギのバター焼き。
 これだけで腹いっぱいになって、茶漬けも頂けなかった親爺とオカカだ。
 


2/2
 おでんに茶飯は定番だそうだが、成程うまそうだ。でも春の訪れが早そうなこの冬は、スーパーにエンドウ豆が出盛っており
これを見逃すオカカではない。で、昨夜はおでんにエンドウ豆ごはんとなった訳で、これが美味しかったのだ。
 


2/1
 昨夜は野菜たっぷりのビビンバブ。北朝鮮で買った石鍋もあるが、これは普段使いできない。で、土鍋でやった。
 ご飯の上に、モヤシ、小松菜、にんじん、しめじのナムルに、牛肉の甘辛煮、たまごを乗せ蓋をして蒸し焼き。
 熱々をかき混ぜ、好きな量を自分の椀にとって頂く。美味しくて風邪気味の親爺もタップリ頂いた。
        


1/31
 オイルサーディンを作った。良い子鰯が手に入ったからだ。バケットをトーストにして、スキレットの中のオイルを
たっぷり振りかけ、サーディンを乗せ、トマト等も載せて頂く。美味かった。
        

 バケットにサーディンを載せてトマトなども好みで。         シイタケの甘煮を作ったがシイタケが小さく縮んでしまった。
 


1/30
 今朝の親爺の朝飯だ。いつもより二品ほど多く並んでいるが、海苔、卵(今朝はいり卵)、佃煮系一品が基本で
洋食なら生野菜もいただくが、和食ならこれに濃い煎茶が付く程度。親爺みそ汁は好まぬ。
        


1/29
 タケノコの山椒煮だ。実山椒を入れ、濃い口しょうゆで甘辛く煮付けただけのものだが、これが美味しい。
 飛騨のなじみのお宿で、覚えた味である。
        


1/28
 正月に来れなかった次女のために、次女の好きなお節のうち、生麩と鴨ロースを作った。
 


1/25
 次女が食べたかった天津丼、かまぼこ入り。もちろんかにの身もたっぷり。親爺の手料理だが、餡さえしっかり作れば
簡単なものだ。
        

 ブリの照り焼きと、小松菜のお浸しも。何せ授乳中だから確り栄養をつけねば・・・。
 


1/24
 子育て真っ最中のママに、栄養補給のつもりでアンガス牛のステーキだ。やや硬いが、味わい、香りは素晴らしい。
        


1/23
 親爺がスパイスを調合したキーマカリー。美味い。           最近はまっているエビの鬼ガラ焼き。頭が美味いのだ。
 


1/22
 寒いので、焼き食いがしたくなり、庶民の代表親爺とオカカには、焼そばにお好み焼きと云う夕餉が嬉しい。
        


1/21
 ブロッコリーとマッシュルームのフライは親爺の好物、とんかつも全部塩で頂いて、最期は塩昆布と梅干で茶漬け。美味い。
 


1/20
 丼で余ったズケもつまみにして頂く。アボガドもオーブンで焼いて焦げ目をつけクルミ醤油をタレにしてスプーンで頂いた。
 


1/19
 ストーブで煮込んだ鶏スープで博多風鶏鍋をやった。〆は濾したスープを温飯にかけこねぎと黒コショウで頂いた。何れも美味かった。
 


1/18
 マグロのズケを温飯に載せ、アボガドも載せ、ズケのつけ汁を少しかけまわし、とびこを乗っけて頂いた。テレビ
でどこかの女優が言ってたのをまねてみたが、記憶が定かではない。でも美味しいことは美味しかった。
        

 小松菜のお浸しにゆずの細切りを混ぜ込んである。美味い。  牛こまと玉ネギの甘辛炒め。やや薄味で美味い。
 


1/17
 一日ストーブで煮たポトフは優しい味で美味い。             麻婆豆腐は親爺の好物。
 


1/16
 鶏のから揚げと、つみれ揚げだ。両方ビールに合う。        揚げ出し豆腐も美味い。
 


1/15
 映画を観に町に出たついでに、天ぷら屋で昼を食べたら、無夕食は簡単に。スーパーで寿司を買って来て
夕食にした。そこそこ美味しい。
        


1/12
 海老の鬼ガラ焼き。一寸中華風にニンニクとオイスターソースも利いている。 カラスミに大根の薄切り。これは文句なし美味い。
 


1/11
 シンプルな豚肉のピカタ。衣を薄めにパリッと仕上げると美味い。
        

 風呂吹き大根にゆず味噌。こんなものが美味い。       ゴボテンのシンプルな煮付け。これも美味い。
 


1/10
 昨晩はストーブで煮込んだサムゲタンが非常に美味かった。サムゲタンを作ったのだからと土鍋でビビムバブを
作り頂いた。韓定食だ。美味そうにできたオカカ特製のビビムバブ・・・。
        

 サムゲタンも美味しく煮えて、小ねぎを散らし頂く。     ビビムバブもサムゲタンも美味い。身体にもよさそうだ。
 


1/9
 過日、手入れ不足のダッジオーブンでサムゲタンを煮たら、真っ黒になり、脂臭くなり全て投棄する羽目になった。
 ダッジオーブンは手入れが難しく、その後色々洗ったりしたが、匂いがとれぬ。春になったら我が家の山林に持ち
出し、焚火の中で焼きなおそう・・・。で、今度は琺瑯鍋をストーブにかけ、朝から煮込んでいる。
 鶏もも肉1枚に、勝ち栗(正月のお下がり)、クコ、ニンニク、ショウガ、米を入れ、塩一つまみも加えトロトロ。
 今夕の夕餉を、久々に土鍋で作るビビムバブにするつもりなので、それに添え頂く予定。
        


1/8
 昨夜はオカカがエビチリを作った。親爺のエビチリより辛めだった。豆板醤を一寸大目にしてくれたようで、美味
かった。
        


1/7
 正月のお節に飽きて登場するのはカレー。インド風海老カりーだが。  北の大地と云うジャガイモをバター焼きにし、トントロと一緒に。
 


1/6
 風邪が良くなって、でも未だ食欲が戻らない。で、オカカが海鮮雑炊を作ってくれた。新鮮な魚や牡蠣、白子
などを水炊きし、洗ったご飯を入れ、卵で閉じる。味付けは塩で軽く、大変美味い。ポン酢で二杯頂いた。
        


1/5
 孫とのあそびほうけやら、喉風邪の悪化やら、もちろん親爺のずぼらやらで、気付けば3日間更新をサボった。
 3日まででお節は飽きてしまって、何でもいいから暖かいものが食べたいと、昨夜はラーメン。
 風邪で食欲がなく半ラーメンだったが、いや美味しかった。
        


1/1
 今朝は元旦。雑煮を頂く。昔ながらの我が家の味。焼餅にすましのオーソドックスな雑煮。黒豆、数の子、田作りは縁起物。
 

 お節は親爺とオカカの共同作業。かまぼこ伊達巻以外はすべて手作り。一の重、縁起物三種に子持ち鮎、栗きんとん等・・・。
        

 二の重は焼き物。ブリ、鮭、鴨、豚など・・・              三の重は煮物。生麩。イモ蛸、筑前煮。
 

inserted by FC2 system