春となりました。項を改めます。



5/30
 オカカの好きなフォー。氷見うどんで作ったが面が重厚過ぎてスープが負けるような気がする。オカカは気に入っていたが。
        


5/29
 手羽中のスパイスカレー。骨付き肉は手羽中でも濃い味が出る。スパイスは好みのまま、チリを多めにしたかったがそれは
オカカが苦手・・・。美味いカレーだった。
        


5/28
 あんの味付けをしくじってショッパかったが、飯と合わせて何とか頂いた天津丼。薄味の中華スープが丁度合いうまかった。
 


5/27
 新鮮な生サバをオカカが塩焼きにした。塩サバとはまた一味異なる美味さだった、こちらはこんにゃくと練り物の甘煮。美味い。
 


5/26
 昔、飛騨神岡から安房トンネルに向かう途中、跡津川を見下ろす絶景地にあったウインディーと云う喫茶レストランで
出していた玉子サンドは厚めの玉子焼きをからしマヨネーズをたっぷり塗ったパンで挟んであった。その味が何とも懐か
しく、オカカが作ったサンドイッチだ。薄切りハムとスライスチーズを加えたのはオリジナル。
        


5/25
 薄い肉をカツにするミルフィーユカツでソースカツ丼をやってみた。ソースは醤油、みりん、ケチャップ、砂糖などを混ぜて
作る。ネット上からのパクリ也。
        


5/24
 青菜が切れていて入っていないがビビンバブ也。焦げ美味し。  山椒チリメンをまた煮た。飯に乗せて頂く美味さは何とも言えぬ。
 


5/23
 鶏モモ肉と野菜の焼き浸し。もう少し暑くなってからの料理なのだが待ちきれず試作。いやいや実にうまい予想通りである。
        


5/22
 昔ながらのカレーライス。生ハムサラダは今風だがこのどろりとしたカレーは実に懐かしい。親爺の世代の日本人には
おふくろの味でもある。
        


5/21
 ピーマンが少なかったがタケノコを多くしたチンジャオロースだ。美味い。野菜の甘煮はもう親爺の大好物。
 


5/20
 過日の手作りしたカマスの干物。酒を一刷毛塗ってあぶった。美味い。カツオのたたきにネギトロ。この日はお魚デーとなる。
 


5/19
 最近のインスタントラーメンは上手に作れば実にうまい。マルちゃん正麺は立派な一片食。メンマ、チャーシューネギ、卵を載せて。
        


5/18
 オカカがトンカツを揚げた。薄く肉を叩きカラッと揚げたカツを切って、親爺の作るソース垂れにくぐらせ熱々の炊きたて飯
に並べる。ソースカツ丼也。飯の上にはキャベツ千切りを載せておきシジミ入りの赤だしを添える也。美味い。。
        


5/17
 我が家の竹林で採れた初物のタケノコをオカカが味噌煮にした。絶品!!親爺の作ったキクラゲ入り牛しぐれ煮も美味い。
 


5/16
 豚肉たっぷりの野菜炒め。キャベツが硬いので白菜を使っているが今度は肉が少しか硬い気がした。歯が弱っている。
        

 安価な特売いちごだがこれで200円。練乳をかけて頂くと美味い。若い頃の小屋開けは信州からだったが、扇澤に車を置いて
入山し、帰りも扇沢で車をピックアップして帰った。その時大町辺りのハイカラな喫茶店でいちごミルクを飲んだ記憶がある。
        


5/15
 やや小ぶりの鯛の刺身とやはり小ぶりの赤カレイのから揚げ。昨日は海鮮デーだった。いずれも美味かった。
 


5/14
 鶏ゴボウの炊き込み飯だ。日本人の遺伝子に刷り込まれた好みにピッタリ合う風味なのだ。いつ頂いても美味しい。
        


5/13
 蒸し鶏の薬味醤油漬け。サッパリとしながらも深みのある味。    いつの間にかこのほろ苦さが大好きになったウドのきんぴら。
 


5/12
 お好み焼きに、鉄板の空きスペースで焼いた玉子を載せると一寸豪華なお好み焼きに見えるのは親爺だけだろうか?
        


5/11
 チキンドリアは親爺の好み。バターライスにチキングラタンを乗っけて焼いた。デザートは牛乳羹。懐かしい昭和の味だ。
 


5/10
 ホタルイカやエビをアヒージョにして頂く。美味い。            今年最後のワラビの醤油漬け。
 


5/9
 連休前だったと思うが、オカカと二人食べに行った大喜の中華そば。以前、味は普通、麺は柔らか目をチョイスし、???
だったので、味は濃いめ、麺は硬目をチョイス。
 ああ、昔ながらの大喜の味だと、満足したが、スープは勿論飲めなかった。
        


5/8
 孫を見送って家に帰った親爺とオカカの夕食は、スシローのテイクアウト。バラチラシとアナゴハーフ、鯖寿司ハーフ。
 これにフリーズドライの卵スープで立派な一片食となった。
 


5/7
 末娘の土産の良い肉を焼いた。柔らかくジューシー。普段の肉とは違った。ピンボケは野菜炒め。あっという間に皆で食べた。
 



5/6
 GW前の夕餉だったと思う。焼肉とハムサラダ。妙な組み合わせかも知れぬが肉を食ったら野菜も言い訳程度に食う。
 GWは孫と一緒の食卓なので、写真を撮る余裕が無い。昨日は手巻き寿司だった・・・。
 


5/5
 ある日の昼食。ワラビの醤油漬け、ウドのきんぴら、ホタルイカのオイル漬け、鶏のポップコーン揚げを小さなバタートース
トに乗せ頂いた。とても美味く、プレーンのイラムティーが良く合った。
        


5/4
 昨夜は親爺特製のビーフシチューだったのだが、にぎやかで楽しくて写真を撮り忘れた・・・。
 で、ある日のオカカと親爺の夕食。
 チキンのポップコーン揚げ。大きなポップコーンサイズの鶏むね肉の揚げ物だ。茄子の焼き浸しはオカカの得意料理。
 


5/3
 ベーコンとフレンチトースト。これが結構相性が良い。これで昼食の一片食は十分である。
         


5/2
 炭で一気に焼き上げた鶏モモ肉。柔らかくジューシーに焼き上がる。 アマドコロのお浸し。アマナと同じような味がする。
 


5/1
 オカカの出ず繰シュウマイは蒸さず焼きシュウマイだ。美味い。 こごみの塩ゆで、マヨネーズで頂く。
 


4/30
 真空パックの鰻蒲焼を炭火で焼き直したが少し焦げたので、ひつまぶしの様に切り分け、茶漬けなり何なり好きな様に
食う事にした。これはこれで食えるのだが、矢張りうなぎは生から焼かないと美味い蒲焼にはならぬ事が良く分かった。
 勉強である、何事も。
 

 で、昨日注文していた紀州産の梅干しが届いた。悪い洒落ではなく本当の偶然である。昔ながらの塩と紫蘇だけで漬けた
本格的な混ぜ物無しの梅干し。一個だけ我慢せず試した。美味い!!
 梅干しと鰻の食い合わせはやっぱり迷信らしい。親爺は何ともなかった。
        


4/29
 焼き鳥とつくねの串焼きはとても美味しかった。しかし手作りのワラビの昆布締めの淡い美味さも何とも云えない深みがあった。
 


4/28
 親爺の親子丼。丼汁で煮た鶏を卵で閉じただけ。みつばがアクセント。ひじきの煮物はオカカ作。ニンジンと揚げがたっぷり。美味い。
 


4/27
 オカカの作ったビーフストロガノフ。市販のドミグラスソースをベースに何かで味付け。美味かったので親爺もしっかり頂いた。
        


4/26
 だいと云う料理屋の弁当を夕食に頂いた。オカカの友達が声をかけてくれ、取り寄せてもらった。内容はかなり本格的で
タケノコ寿司、恐らくサクラマスの寿司がメインで、ゴマ豆腐や先付盛り込み等々、一杯飲む方にも良いだろう。
 親爺とオカカは暖かい緑茶で頂いた。久々の本格的和食、オカカの友人Hさんにも感謝。また声をかけてください。
        
        
        二段重ねの弁当のもうこれだけで期待わくわく。
        


4/25
 いい白モツが手に入るようになったので煮込みを作った。一片食で食べ切れぬ分には、焼餅を入れ雑煮にして昼食とした。
 煮込みはやや薄味だったが物足りぬ事は無く、雑煮にした方は非常に美味く汁も残さず食べ切った。
 


4/24 
 オカカが材料を見な切ってくれるので、大きな中華鍋で中華丼づくりは親爺の仕事。今日も上手く出来た美味しい。
        



4/23
 ホタルイカのアヒージョ。下味をつけたホタルイカが美味い。 ワラビの醤油漬けと一緒のパケットに乗せ頂く。素晴らしい春の味だ。
 


4/22
 衣に粉チーズを混ぜた薄カツは親爺の好物。        レンコンとニンジンのきんぴら。椎茸も入っている。
 


4/21
 普通の醤油ラーメンだが、背油たっぷり降りかかっている。ズバーンと云うインスタントラーメンだ。濃厚すぎるくらいで
美味い。具材は全部自家製だが、立派な一片食である。
        


4/20
 うなぎ丼を頂いた。台湾産のジャポニカ種を日本の業者が仕入れ、かば焼きにしたものだ。結構そん色なく食えたが美味い
と絶賛する訳ではない。もう一度炭火であぶりなおせば可成り美味くなるかもしれぬ。
        


4/19
 親爺の好物、定番カレイから揚げだ。美味い。事に縁側が美味い。 サーモンサラダもとても美味かった。
 


4/18
 鶏手羽の何となく名古屋風は、間違いない味。             豚モヤシ炒めも全くぶれない味である。
 


4/17
 お魚デーの夕餉。マグロ、カツオタタキ、イカ刺し。美味い。      こちらはブリの幽庵焼き。ちょっと焦げたがこれも美味い。
 


4/16
 京都風のちりめん山椒のつもりで作った。もっと細かい方が上等らしいが、親爺はこの位の方か美味いと思う。飯に載せて頂く。
 


4/15
 この韓国風豚焼肉は非常に美味かった。食べ方も本場を真似て、サンチュに肉とコチュジャンともやしのナムルを載せ
巻いていただいた。親爺は最後にはご飯も一緒に巻いたがこれも美味かった。
        


4/14
 上手いランチの翌日は、いつもの簡単な昼餉が良い。庶民の味の焼きそばだ。紅ショウガをアクセントに、青のりと削
り節かをけて、一気に頂く。美味しい!!
        


4/13
 上滝駅のやや上手にある和食店で、ランチを頂いた。
 つくねのスープ仕立てが先ず出る。         ホタルイカとネギトロそしてベースは長いもの前菜。醤油で頂く。


 熱々の茶碗蒸し。と出て、メインのエビフライとご飯に汁。サラダも美味い。エビフライは食いでがあり美味かった。
 写真は取り忘れたがこれに珈琲が付いて2000円はリーズナブル。


4/12
 オカカの作った油淋鶏。二人でパクパクと食べてしまった。タレに酢が効いていて、スパイシーな香りも効かせてあった。
        


4/11
 ごくごく普通のポークカレーが美味しかった。もちろん市販のカレールー。オカカの作った葉ワサビのしょうゆ漬け。結構辛かった。
 


4/10
 孫の小学校入学内祝いの赤飯。昨夜はオカカの筑前煮で、この赤飯を頂いた。赤ちゃんで夜泣きして、ママを休ませる
ためにオカカと二人交代で抱っこし、あやして過ごした夜を思い出す。もうほぼオネエチャンの様だ。
        


4/9
 オカカ特製のドリア大盛?だ。餃子皮のラザニアの下にバタ-ライスのリクエスト・・・。親爺用のドリアは濃厚で美味かった。
        


4/8
 相撲観戦の帰路、いつものスーパーの前の焼き鳥の屋台(日曜だけ)で焼きたてを仕入れてきた。つくね塩焼きが美味かった。
        


4/6
 オカカの大きな春巻き。親爺ノンアルチューハイを飲みながらは3本食べた。そのあとはこんにゃくと厚揚げの甘煮で飯を半膳。
 


4/5
 出来上がったイワシのコンフィー。骨は口に障らぬほど柔らかい。  春キャベツで作った回鍋肉。出来合いのタレでやったが美味い。
 


4/4
 いい白モツが手に入ったので、もつ焼きに仕上げた。ネギだくさんで美味い。子の寿司は出来合いだが魚屋の寿司なので美味かった。
 


4/3
 アボカド、トマト、玉ねぎ、マグロブツをマヨネーズ醤油で和えた一皿。飯に盛って卵黄を載せ頂いた。美味かった。
 


4/2
 とんかつとは下品な響きの名をつけたものだと内田百閧ヘ書き残している。が、親爺たちには何とも美味そうな響きの名で
ある。豚のカツレツでとんかつ。牛のカツレツだと牛かつ。マア良いのでは無かろうか。
 オカカの揚げてくれたトンカツにトンカツソースをかけて頂いた。美味い。
        


4/1
 今日の昼食は出先で食べたが、昨日の昼食はありあわせの具材を入れた焼きめし。チャーハンと云うより焼きめしの方が
ピッタリと来る美味しい手作りの味がした。
        

inserted by FC2 system